fecebookの更新
16.07.22
今日の夕方のニュースで、豊栄へそ丼が紹介...
16.04.07
4/17(日)の牧場まつりに参加します。...
16.03.15
「へそ丼バス」 へそ丼をPRしてもらうた...
16.02.08
もうすぐバレンタイン! こんなキュートな...
「味じまん生たまご」への思い

日本には、卵を生で食べる食文化があります。
またお客様からも、
「卵は生で食べた時に違いが一番よくわかる。」と聞きます。
「みなさまが毎日の食事で卵を生でも安心しておいしく、
そしていろんな料理で食べて頂けるようお届けしたい!」
その思いをそのまま名前にこめました。
「身近でおいしい卵」をモットーに、新鮮でおいしい卵をお届けします。

飼育環境へのこだわり

“開放鶏舎の1羽飼い”

高光養鶏場は広島県の中央に位置し、瀬戸内の明るい陽射しを受け、
また標高が高いため夏でも涼しく、鶏にも過ごしやすい環境です。
鶏舎は自然の光や風が入り込む開放的なつくりで、
通常複数羽入れるケージ(カゴ)に1羽ずつ入れて飼っています。
そのため鶏へのストレスが少なく、
産んだ卵の状態、餌の食べ具合や糞の状態などが一目で分かり、
鶏の健康管理を1羽ごとに確認できるのが特長です。


餌へのこだわり

うちの鶏たちはとにかくよく食べます!
栄養計算された良質の配合飼料に、
独自にカキ殻、海藻、自家製の飼料米等をブレンド。
卵殻のしっかりした、旨みのある卵になるよう工夫しています。


水のめぐみ

この地域は瀬戸内海と日本海への川の流れの
分かれ目のてっぺん、「分水嶺」に当たります。
そんなきれいな山の水がしみ込んだ地下水を、
鶏たちに与えています。